2015/03/12

返信...




天と地をかき混ぜるかのような雪嵐
轟の中、魂の小さな声に耳を澄ます
あたたかく穏やかなひととき...





11

変化は深層下に徐々に...であっても
ある時を境に当たり前が塗り替えられる
その境目の瞬間があることを私たちは知りました



明日手のひらから溢れるかもしれない

この奇跡の日常を丁寧に大事に生きていく


少し前に微かでも明るい希望を見出して...


自然や宇宙に溶け込むたくさんの光の存在への返信になるのかもしれません

お伝えしたいことは優しい色の花束のように...





あらためてこの日

感謝と祈りが灯る Reading room でした


lym